シミに関係のある成分を知ることから本気のシミ対策は始まる

シミに関係のある成分を知ることから本気のシミ対策は始まる

紫外線予防のUVカットや美白を謳った化粧品など、この世にはたくさんの化粧品があります。
シミの無い綺麗な肌を維持したい人もいれば、できてしまったシミを消したい人もいます。
一口に美白と言っても、実は目的に合わせて成分を吟味する必要があることをご存知でしょうか?

 

シミに有効な成分は二つに分かれる

 

シミ対策にあげられる成分にはプラセンタエキスやアルブチン、トラネキサム酸、ハイドロキノン、ビタミンC誘導体など多数ありますが、シミを予防するものと薄くするものに分かれます。
見解が分かれるところですが、一般的にはシミを予防する成分がプラセンタエキスやアルブチン、トラネキサム酸等です。
またシミを消す、薄くするとされている成分がハイドロキノンやビタミンC誘導体等です。
中でもビタミンC誘導体はシミを薄くする効果だけでなく予防の効果もあると言われており、最近この手の化粧品が多いのはそういった点が注目されてのことです。

 

ちなみに厚生労働省が認可しているものとそうでない物があります。
シミを消すと評判のハイドロキノンは厚生労働省が今のところ認可していません。
何を基準にして成分を選ぶかは個人の裁量次第です。

 

そもそもシミはどうやってできるのか

 

ターンオーバーという言葉を聞いたことはありますか?
肌のターンオーバーとは分かりやすく言うと肌の生まれ変わりです。

 

新陳代謝とも同じ意味で、基底層と呼ばれるところで生まれた皮膚がどんどん上に押しあがっていくことで、古い皮膚が垢となり剥がれ落ちます。
残念なことに肌の手入れが滞っていたり、また年齢を重ねていくと、このターンオーバーが上手くいきません。

 

そのためできてしまったシミがいつまでも堂々と肌に存在し続けるわけですが、このターンオーバーを促進する決め手が潤い肌というわけです。
潤い肌を保つためには保湿効果の高い成分を意識して使う必要がありますが、コラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸等はその代表的なものです。
またビタミンC誘導体はアンチエイジングにも効果があるとされています。

 

このようにシミ対策には予防やシミそのものを薄くする成分を取り入れるだけでなく、ターンオーバーも意識する必要があります。
睡眠をしっかりとるなど基本的な生活習慣を維持するのはもちろんのこと、正しい成分選びでシミ対策をしたいものです。